教員ブログ

2017年07月22日 | 白いカブトムシ!!

  • 投稿者: 吉岡 展史

こんにちは。吉岡です。

皆さんは、カブトムなどの昆虫は好きですか?

アニメの『虫キング』世代の生徒はカブトムシやクワガタに親近感があるのではないでしょうか。

私が子供の頃には夏休みになると田舎に帰省して、毎日のように山の中へカブトムシやクワガタを捕りに行ったものです。

それから数十年、めっきり昆虫と接する機会がなかったのですが、数年前より我が家にカブトムシがやってきました。

久々の再会です。

やっぱりカブトムシはかっこいいですね。

それから毎年、カブトムシを繁殖させているのですが、今年、人生で初めて羽化したてのカブトムシを見る事が出来ました。

昆虫図鑑の写真で見た事はありましたが、実際に見るのは初めてでした。

羽が真っ白でとても感動しました。

すぐに茶色くなり、翌日には真っ黒になってしまいましたが、来年も是非、見たいと思っています。

ちなみにこの日、白いカブトムシを見て大騒ぎしていたのは家族の中で私だけでした。

男の浪漫は中々わかってもらえないようです。

 

 

 

 

2017年07月19日 | 寒い寒い…星空観察!?

  • 投稿者: 山口 礎人

星空観察をしよう!ということで、子供たちを連れて長野県阿智村に行ってきました。

ここは平成18年に環境省から「星が最も輝いて見える場所」第一位に選ばれた場所です。

見学スポットの“ヘブンスそのはら”は標高1400mにあります。冬季はスキー場になります。

昼神温泉郷が近くにあるので、一年を通じて楽しめる場所ですね。

 

さて、出掛けた日は、あいにくの曇り空です。しかし、強行突破!です。

雲の切れ間からチラホラ星が見えるといった程度でしたが、北斗七星やカシオペア座、

木星や土星も見えました。教科書に出てくる星座をバッチリ!とはいきませんでしたが、まあまあの満足度。

きっと晴れた日には、プラネタリウムのような星空が見えるのかも知れませんね。

しかし、何よりも標高1400mは寒い!長袖を1枚持って行ったのですが、とにかく寒い!震えるほど寒い!

星空よりも寒さが思い出に残った星空観察となりました…。また光の届かない山は暗い、というか黒い、

“漆黒の闇”と言う表現がありますが、本当に絵の具で塗ったかのように景色が黒いのです。

昔の人は、黒い夜の闇の中で過ごしていたんだなあ、と思うばかりでした。

 

さて、次こそは防寒対策をバッチリして、再チャレンジです。

満天の星空を、瞬く星空を、日本一の星空を子供たちに見せたいと思います。

今回は、色々と勉強になりました。今日も一日、ハッピーエンド!で、明日を迎えます。

 

 

 

 

» 続きを読む

2017年07月14日 | 田んぼについた足跡の数で米のできが決まる

  • 投稿者: 北 康彦

先月田植えを行いました。「田んぼについた足跡の数で米のできが決まる」昔の人はよく言ったそうです。
高校生の時期を過ごしている、みなさんにも同じ事が当てはまるのではないでしょうか。高校時代の努力、
足跡が今後の進路や人生に大きく直結すると思います。
大きく成長できるのは「今」です。そのタイミングを逃す事のないよう、後悔のない高校生活を過ごしましょう。

2017年07月13日 | 真剣勝負

  • 投稿者: 石井 英貴

ご無沙汰しております。

 

やっと骨折の痛みから解放された石井です。健康第一ですね。

 

NZ修学旅行から帰ってきて早1ヶ月。あの大自然が忘れられません。大木さん、ようこさん、ちえこさん、高橋さん、堀尾さん大変お世話になりました。

 

 

6月4日から自分のやっている社会人サッカーのリーグ戦が開幕しました。

 

 

大学を卒業して15年経ちますが、開幕のピッチに立てなかったのは今年が初めてでした(骨折のせいで・・・)外から見ることも勉強になりますね。

 

今年は若い良い選手も加入して、昨年以上にポジション争いが激しくなりそうですが、自分が出場できない2試合、見事2連勝!もう30代後半の力は必要ないのか?と不安な気持ちがよぎる中、時間を見つけてトレーニングに励んでいます。

 

この歳になって好きなことに打ち込める環境があることに感謝していますが、身体も老いていく中で頑張れる要因が。

 

それは息子2人の存在です。8歳の長男と、4歳の次男。嬉しいことに2人ともサッカーが大好きで、小学校・幼稚園で習っています。

 

 

 

自分は相手からボールを奪うことなどに喜びや楽しみを感じていますが、やはり子どものうちは得点を取ることに喜びを感じるんですかね。

 

次男は点を取れないと泣いて悔しがっているようです・・・

 

 

今年は石井家男3人で、誰が一番得点することができるか、勝負しています。

 

現在父1点、長男2点、次男1点でなかなか良い勝負をしています。

 

訳あって長男が試合から離れているので、この隙に追いつけ追い越せ!(笑)

 

子どもと同じ趣味をもつ喜びを噛みしめています。

 

 

今度A先生の大きなお庭で、練習させてもらおうかと企んでおります。バスケは遠慮しておきます(笑)

» 続きを読む

2017年07月13日 | 常々感謝、日々精進。

  • 投稿者: 羽山 和慶

みなさん、こんにちは。

S-アドバンスの羽山です。

皆さんは、ケンブリッジノートをご存知でしょうか。

私は、4月ごろに教えてもらい、知ったところです。

ケンブリッジノートを使用している一人として、大前研一先生がいます。

大前先生は、このケンブリッジノートでとある会社のパソコンを変えたときのメモに使用していたみたいです。

一般的に、ケンブリッジノートは、情報収集や、ヒヤリングに使用するノートみたいです。

私が学生時代は、やりたいことは決まっていましたが、色々な業界に興味がありました。

その中で、ミリオネーゼで有名な秋山ゆかりさんとお会いし、その世界の勉強を色々とさせていただきました。

その節は、大変お世話になりありがとうございました。

 

学生時代は自由に使える時間が社会人と比べ沢山あるかと思います。

学生の本分の第一は学業ですが、

学業に加え、できるかぎり、色々な人に会い、出来る限り、色々な刺激を受けることをおススメします。

皆様には、本当に感謝しております。

その中でも、ケンブリッジノートを使用したことのない方は、一度、使用してみて、感じてみてはいかがでしょうか。

ケンブリッジノートの世界も。

感謝の心をもち、日々、精進したい方々はとくに。

 

大学ノート:革命的なIBM製PCのコンセプトを提示大前研一「お金の取れる頭脳ノート」【3】

http://president.jp/articles/-/6289

プロのコンサルタントはどんなノートを使っているのか?

http://online.sbcr.jp/2015/04/004018.html

秋山ゆかりさんのHP

http://yukari-akiyama.com/

» 続きを読む

2017年07月11日 | NZ完結

  • 投稿者: 藤井 綾加

本館の2Fから3Fに上がる階段の壁に

修学旅行の写真を貼っております。

 

毎日少しずつ作成し、貼っていきましたが

ようやく完成しました。

 

 

本館にお越しの際はぜひご覧ください。

2017年07月07日 | エコ

  • 投稿者: 池田 信生

皆さんこんにちは、

ブログ当番が回ってきました。

 

ビジネス基礎やビジネス経済の授業で、

「環境対策に関するビジネス」って項目があります。

そこで、こんな話を・・・・

 

ゴミの約60%が包装ごみ

そこで、便利なのが、

どんなものでもたった1枚で包み込む魔法の布

風呂敷です。

手で提げたり、背負ったり

包みを運ぶスタイルも自由自在。

使い捨ての紙袋やポリ袋より

ずっとお洒落でエコですね。

(マガジンハウス文庫「もったいない」より)

 

最近はエコバックがありますが・・・・

“ながれ” という風呂敷を知ってますか。

これは便利です。

撥水性にすぐれ、急な雨には傘代わりにもなったりします。

 

モノは大切に。

良いものは長く使えます。

 

エコってことですね。

 

2017年07月01日 | 目まぐるしい日々の中で

  • 投稿者: 藤井 綾加

気付いたら6月が終わっていました。

 

ついこの間まで修学旅行に行く準備をしていたのに

もう期末考査の時期です。

あっという間の6月でした。

 

NZで生徒がファームステイを頑張っている時

待機場所の町で約2時間、一人になる時間がありました。

 

少し町を一人でプラプラした後、ホテル近くのベンチに座って

ロードオブザリングの歌を聴き、映画での川のシーンを思い出しながら

じっと川を眺めていたら

いつの間にか1時間経っていました。

 

 

遠くから見たら怪しい人だったかもしれませんが、

なんだか心がスッとし、

リフレッシュすることが出来ました。

 

たまにはこんな時間も必要なのかもと感じました。

2017年07月01日 | 梅雨です。

  • 投稿者: 阿形 昌宏

最近、本当になんかついていない、筋が通らない事象の連続で、また、この時期も手伝ってか、驚いたり腹だったりする事が多い日々を迎えている今日この頃です。

 

驚いたことは、最近では、先週日曜日早朝、岐阜県の高山自動車短期大学オープンキャンパスに行っていたのですが、長野県を震源とする高山市震度4の地震を体験してきました。震度4・・とまでは感じませんでしたが、地震はあまり気持ちの良いものではありません。

 

ま、そんな自分の話はおいといて、今年は、久々に梅雨らしい梅雨の時期を迎えているのではいかな?と思っています。近年では、カラ梅雨&ゲリラ雷雨が主流になってます。日本のような稲作をしている国土では、このような時期も非常に必要になってくるのではないか!と思っています。

日本も四季(春、夏、秋、冬)ではなく、六季(春、梅雨、夏、秋雨、秋、冬)でも良いかな?と思う今日この頃です。

 

 

 

 

さて、我が家に写真のような物が届き、設置しています。

 

 

 

 

バスケットゴールです。

長女の誕生日のプレゼントなんですが、中学校に入学しバスケットボール部に入部。なかなか結果には結びつかないのですが、自分も努力をしたいという気持ちも踏まえての物です。

 

 

基本、自分自身、体育館スポーツの団体競技は大の苦手で、バスケットボールやバレーボールは自分の運動の辞書にはない言葉です。

でも影響は大したもので、長女がバスケットボールをしているという事、たまに公式試合(ルールはほとんど知りません)を応援に行く事をしていますと、暇な時にケーブルテレビでバスケットボールの試合を見てしまいます。ルールも少しずつ分かってきました。

 

 

やはり、身体を動かすというのは、見ているだけでも気分爽快になるものですね・・・。

 

 

そう言えば、梅雨に入り、クラブも頻繁に出来ていない、自分の習い事もなんやかんやと言ってフルでやり切れてない・・・これが腹立たせている要因の一つなのかも知れません。

7月に入ります。しっかりクラブも参加して、また鍛錬もしっかりして、身体を動かし、汗を存分にかき、ストレスの解消に努めたいと思う今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

I先生は、我が家に来ると、サッカーボールばかり蹴って、ちょくちょく車に当ててますですが、今後は、バスケットボールにしましょう!これならば、超接触プレーなスポーツなので、勝てる気がします!

» 続きを読む

2017年06月29日 | スポーツも勉強も一緒ですよね。

  • 投稿者: 三國 勇自

 

元高校球児の三国です。

 

純粋に白球を追いかけ、甲子園を目指していたあの頃、コツコツと練習することで成功体験を積むことができました。

 

そんなことを昨日の朝刊に載っていた、全国高校野球大会兵庫県大会の抽選結果を見て思い出し、生徒に伝える言葉を探していたら良い言葉を見つけました。

 

 

STEP BY STEP

どんな時でも、何かを達成する場合にとるべき方法はただ1つ。

1歩ずつ着実に立ち向かうことだ。

これ以外に方法はない。

 

By マイケル・ジョーダン

 

 

言葉はバスケットボール選手の言葉ですが・・・

 

 

Sアドの生徒も、一人ひとりが持っている甲子園(目標)に挑戦し、成長してほしいと願うばかりです。

«前へ || 1 | 2 | 3 |...| 73 | 74 | 75 || 次へ»